運命的な日本家屋との出合い ~経年美に惹かれて~

After

Before

キッチンは奥様の意見を尊重し、ウッドワンのスイージを採用。無垢の扉のキッチンにはステンレス天板が映えます。カップボード、キッチンの横壁にはタイルを施工。無機質ながらもごだわりの光るキッチンになりました。

After

Before

LDKは無垢材と塗り壁の自然素材が心地のいい空間に仕上がりました。テレビのある壁一面は「地層」をイメージ。左官職人のご主人様が、悩みに悩んで、何度もやり直して、自らの手で完成させました。配色や塗り方にもこだわっています。

After

Before

ご主人様が一目惚れした和室。床の間を黒に塗り直すなど最小限の手入れにとどめ、建築当時の趣をそのままに。

After

Before

トイレの壁は、あえて石などを残した荒っぽい土壁に仕上げました。便器も手洗いも黒で統一し、明るすぎず、ホッと落ち着くお店のような空間になりました。床も、錆び感と光沢感に和のテイストを織り交ぜたデザイン性溢れるタイルです。

After

Before

ご主人様がこだわったブラックコーディネートの浴室。スタイリッシュで、ホテルに泊まっているかのような高級感溢れる空間になっています。1日の疲れをゆっくり癒してくれます。

 

After

Before

湿気がこもりがちの洗面所の壁は、塗り壁の珪藻土が調湿効果を発揮します。ホテルのようなスタイリッシュな洗面化粧台は、サンワカンパニーのものを採用。洗面台廻りとニッチにはタイルを貼りました。1つ1つのモノにこだわった自慢の空間です。

After

Before

東と南に大きな窓のある子供部屋。日当たり抜群で朝の目覚めも最高です。ホワイトオークの女の子らしい部屋に生まれ変わりました。

  • 工期

    4か月

  • 費用
  • 動機

    左官職人のご主人様は日々、家づくりに携わるなかで伝統的な日本家屋の良さをしみじみと感じていました。

    やがて自身の住まいを考えた時に一番に浮かんだのが

    「二間続きの和室のある平屋」。

    新築と中古住宅を検討する中、担当者から紹介された中古物件に一目惚れ!

    築30年とは思えないほど美しく保たれた二間続きの和室、建物の細部にまで職人の深いこだわりを感じ、「この家を手に入れ、家族と暮らしたい」と決断されました。

  • ご提案
  • お客様の感想