0411月

植栽選びは今が旬!!!

 

山を見るとチラホラ色づいてきました。紅葉の季節です。

11月の今は植樹に適したいい季節です。そんな旬の今!!!

植木まつりにお邪魔したので、報告したいと思います。

なぜ11月が向いているのか?

 

極寒期・真夏を避けた今が向いています。

樹種にもよりますが、落葉樹ですと冬になると葉を落として休眠状態になります。

休眠中は根が活動を止めるので植木に負担がかからないので、早めの冬が最適です。

だから、この時期は植樹祭や植木まつりが開催されるのですね。

 

では、植木まつりでよく見かけた植木を紹介します。

独断で選んだものと感想ではありますが・・・

 

ユーカリ

 

シルバーの丸い葉の形がとても愛らしいです。

洋風のお家に似合いそうです。風で倒れそうなので支柱が必要ですね。

香りやドライフラワーとして、インテリアでも楽しめそうですね。

 

ソヨゴ

そよそよと風が吹くと音をたてるソヨゴ

赤い実がたくさんなっています。鳥がくるとまたそよそよ奏でますね。

直接日光当たらない方がいいですから、ちょっと日陰になる面にも向いています。

 

常緑ヤマボウシ

ヤマボウシは落葉ですが、こちらは常緑と名付けられたヤマボウシ

実は・・・実をみるの初めてでした。存在感のある赤い実が

なんとも言えない可愛らしさで、意外と好みでした。

常緑なので四季を通して葉のグリーンを眺めるっことができますね。

 

ヤマボウシ

こちらは本家ヤマボウシ

落葉ですから、葉が先の方だけになっていました。

 

 

この辺りから、幹が素敵なものたちです。

姫シャラ

ひと際赤い木肌が美しく、目立ちます。

シャラと比べて葉が小さいので、姫シャラです。

他と違った色の木肌の植木があると、お庭のアクセントになって

引き締まりますね。特にこれからの季節はより樹形を愉しむ

ことができます。

 

アオダモ

灰色をした幹の模様が美しいです。涼し気な枝ぶりに凛とした

風格を感じます。

 

ブルーベリー

実をつける代表格でしょうか。たくさん販売されていました。

 

シラキ

真っ赤な大きい葉が秋、いやもうすぐ冬を感じさせる木でした。

 

最近の庭木事情

若い方からよく聞くお言葉

「木は植えません。なぜなら、手入れが面倒だから・・・」

中古住宅を購入されたりする際にも、現存する庭木は処分されたり・・・

 

その気持ちもわかります。

 (わたしも苦手ですから・・・)

しかし、お家を引き立てる効果に加えて

・目隠しの役割

・リビングからの眺望

・境界として

など、ブロックやフェンスに加えて活躍してくれるのも庭木です。

 

ただ、木を植えるというだけだと、「それならなくてもいいのではないか?」

となりますが、お家に対して、

・外観のアクセントにしたい

・直接道路から見えなくしたい

・足元の擁壁を隠したい

・お庭の境に使いたい

など、ちょっとお庭を見直してみるのはいかかですか?

今が旬の植栽選び。

ちょっと軽い気持ちで山をみたり、植木を見てみると

いい出会いがあるかもしれません。

 

アドバンスではお庭の相談も行っております。

ぜひ、お近くのアドバンス・リフドまで!!!

 

Posted in ブログ