1011月

キッチン前の壁は何を貼る??

キッチン廻りをオシャレに演出☆

 

 

 

昔はキッチン前の壁と言えばタイル張りがほとんどでした。

しかしタイルの目地が汚くなったり、タイル自体が割れてしまったりと、お手入れで悩まれてきた方も多いです。

そんな流れもあり、サッと拭くだけで汚れが取れるキッチンパネルが主流となってきました。

 

表面がツルッとしていて凹凸もほとんどないお手入れ簡単なキッチンパネルは、タイルの目地の掃除に苦労をしてきたお客様には本当に喜ばれています。

ただ「無地っぽいデザインが多いね」と言われることもあります。

 

タイルは色々な色やデザインがあり、組み合わせによって様々な雰囲気を演出することができます。

一方、キッチンパネルはインテリア要素というよりは使いやすさを重視した商品になっています。

日々家事をこなす主婦の皆様にとってキッチンパネルは強い味方です!

 

当社でもキッチンパネルを貼ることがほとんどですが、今回は新居浜市T様邸のキッチンタイルをご紹介します。

 

 

 

 

 

200角タイル:リクシル カルペテ IPF-200/CPE-1 ・ IPF-200/CPE-1A

モザイクタイル:リクシル カレイドグレイズ IM-20P1/KLG-11

目地:リクシル スーパークリーンキッチン MJS/KS-32K

 

 

 

 

カルペテの柄タイルと無地タイルを交互に貼りました。

そしてアクセントにモザイクタイルを貼り、表情豊かなキッチンになりました。

タイルが映えるようにキッチンの扉もあえて無地を選びました。

 

 

タイルを貼ると必要になるのが目地のお手入れ。

少しでも簡単に目地が掃除できるようにと、今回は『リクシル スーパークリーンキッチン』というキッチン用の目地を使用しました。

 

 目地に油汚れが染み込みにくいので日ごろのお手入れがラクラクです。

また醤油などの水系汚れに対する防汚性にも優れています。

 

 

 

【おまけ】

T様邸ではキッチン廻り以外にリビングスペースにはエコカラットを貼りました。

カリモクのTV台が映える素敵な仕上がりになりました。

 

 

 

 

 

 

エコカラットプラス:リクシル グラナスルドラ ベージュ

 

 

エコカラットは魅力たっぷりの商品です。

 

 

今回は【エコカラットプラス】というシリーズのエコカラットを採用しました。

エコカラットプラスは普通のエコカラットの機能に、お手入れのしやすさがプラスになっています。

 

 

 T様はいつお伺いしてもお家がキレイなので、半年後、一年後にお伺いしても今のままキレイに使ってくれると思います。

またお伺いするのが楽しみです☆

T様、これからも末長く宜しくお願い致します。

 

 

そして人とは違うオリジナルなお家を手に入れたい方は是非タイルを検討してみてください。

タイルの種類もたくさんあるのであなたのお気に入りの1つが見つかるはずです。

キッチン廻りやニッチの中、TV台の背面などタイルが活躍できる場面は無限大です☆ 

 

 

Posted in ブログ